へい、ゆーた

AIと仮想通貨でスマートな時代を‼ [ビットコイン図鑑]更新中!Twitter @yuta2581028

「DOVU」ICO 車は保有する時代からシェアする時代


DOVトークンというものが10月3日から購入できるようになります。
事前販売は終了しています。

公式サイト、whitepaperは一通り読み、僕なりに面白そうなところをまとめてみました。

www.heyyuta.com

DOVU

dovuはブロックチェーンを使い、モビリティ関連のdAppの開発をし、交通機関や車のリース、ライドシェアサービスなどをより便利にしようとしています。

世界では車は「買って乗るもの」から「移動のために乗るもの」へかわりつつあります。

車は買わなくても良い、移動手段なので共有車両、借りて乗るリース、タクシーなどバスや電車も。

最近自動車企業はリース業者などと提携を組んだとよく聞くようになりました。

車は移動のための1つの道具であって、面倒な書類、契約などをして保険に入ったり、毎年の税金、日々の維持費となかなか車はお金と手間がかかる。

それが乗りたいときに乗る、共有車両ならそのときの使用料だけでよくて、面倒な物は減る、
そうなってくると移動手段は車だけか?
電車、バス、飛行機といくらでもあるし車で行くよりも効率が良いものはいくらでもある。

中国ではとてもたくさんの自転車が走っているイメージはありますよね?
町は自転車であふれかえり、もちろん盗難から不法投棄といろいろ問題になっていました。
そこで考えたのがシェアサイクル‼
スマホ1つで鍵の解除‼
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53015


でも結局はこの共有車両などの交通機関を利用するのにも手間はかかる。

タクシー、バスは比較的楽だが、お金の計算、どのくらいでつく、道は混んでいるか?席は空いているか?どこ行きのバス?といろいろと考えることもある。

電車、新幹線はもちろん切符を買い、予約をしたり、乗り継ぎそこからバスやタクシーなどと自分で運転する車に比べれば手間もそれなりにかかる。

リースの車は空きの車、レンタルの手続き、保険と契約をしっかりする必要がある。

どれも手間っちゃ手間だがしょうがないっちゃしょうがない。

このような事を全てまとめ、しかも1つの通貨で、そして契約、もちろん自分の情報から目的地までどれだけお金がかかるか、全てを瞬時にその1つの通貨だけでできたらとても便利ではないでしょうか?
それを作るのがDOVトークンであり、モビリティ関連のdappsなのです。
こちらはDOVUがやる一部の事で、他にも面白そうな事はたくさんありました。

旅行もスムーズにそれを共有し報酬をもらえる。

車のデータ、渋滞情報も共有し混雑を避ける。

細かい天気の共有をしより正確な天気を。

共有車両のロック解除アプリを開発。

そしてこれらの共有は僕らは販売するという形であって、報酬を貰うことができる。

APIでさらにいろいろな事を追加し、世界で使用されるようになればとても便利でスマートな社会になるのではないでしょうか?
このDOVUが作ろうとしているdappsには期待していて、少額ですが参加する予定です。

こちらの購入はイーサリアムウォレットにイーサリアムをいれておく必要があります。
詳細は近々公開されると思いますが、まずはイーサリアムを買ってウォレットへ入れておきましょう。

すぐイーサリアムを買いたい方はコインチェックで。
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

少しでも安くという方はビットフライヤーで。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

モビリティー革命2030

公式サイト、whitepaper

ブロックチェーン技術を適用することで、データとモビリティについての私たちの考えが変わります。

ブロックチェーンは、あなたが企業であろうと個人であろうと、独立して寄与した価値を検証することができるので、誰もがモビリティエコシステムへの貢献に対してかなりの報いを受けるでしょう。

DOVU ECOSYSTEM

DOVUプラットフォームは、以下のコンポーネント、DOVUプロトコル(詳細データ交換および価値帰属)、DOVトークン(プラットフォーム内の支払い用)、DOVU APIマーケットプレイス(DOVUが開発した最初のdApp)で構成されています。

DOVUプロトコルオープンソースであり、モビリティ関連のdAppの開発を容易にします。 Ethereumに基づいて、DOVトークンはこれらのdApp内のトランザクションに使用されます。

データの移動

21世紀には、すべての企業がデータ会社です。たとえば、乗車中の企業は、価格設定、ルーティングのためのマッピングデータ、および計画のためのジオロケーションデータを使用して気象および需要データを使用します。

データの民営化

データへのアクセスの拡大により、革新が加速されます。ブロックチェーンを使用することで、誰もがモビリティエコシステムの品質に貢献し、貢献に報いることができます。この報酬は、EthereumベースのDOVトークンです

世界の最初の移動体の緯度

DOVトークンは、DOVUプロトコルで構築された分散アプリケーションで使用できます。モビリティサービス間のシームレスな支払いを想像してください。バスや電車に乗ったり、自転車や車を借りたり、車や車のデータを共有することができます。

最初のDAPP:DOVU APIマーケットプレイス

輸送スペースの革新はますますデータとAPIから始まります。新機能が登場するたびに、開発者は社内の基盤技術を開発する価値があるのか​​、外部ビルディングブロックを使用するのが理にかなっているかどうかを検討する必要があります。最初にブロックチェーンテクノロジをAPIに接続すると、DOVU APIマーケットプレイスはトランスポート関連データへのアクセスを簡素化します。

DOVU ECOSYSTEM

DOVUは、通常の消費者とそのデータの恩恵を受ける人々との間で前例のない価値交換を行うことにより、輸送とモビリティ部門の独特で破壊的な循環経済を構築しています。


DOVトークンの形式で、DOVUプロトコルは、共有されるデータへのアクセスを制御しながら、そのデータの使用価値を受け取る「データ所有者」(個人、組織、IoTデバイス、あらゆるデータソース)に権限を与えます。これらのトークンは、モビリティ関連の取引を介して生態系にフィードバックします。車のコスト、その車の燃料、フライトの支払い、またはバスに乗るだけです。

ブロックチェーンとスマートコントラクトは、個人と組織の間の橋渡しをして、モビリティデータを共有し、透明で、報酬を与えられ、持続可能で制御可能な方法で取引します。

議定書は、無限のモビリティ関連dAppの開発を促進し、促進し、データ交換と価値の帰属について詳述しています。 Ethereumに基づいて、DOVトークンはこれらのdApp内のトランザクションに使用されます。プラットフォーム上に構築されたdAppの潜在的可能性は、DOVUの経済性を利用してこれまで不可能だったモビリティサービスを創造しています。


DOVトークンは、私たちの生態系の中心です。これは、消費者をデータプロバイダにリンクする(またその逆)この新しい循環経済を創造し、それらの共有データに報いる価値の単位です。

私たちの生態系が輸送部門で繁栄していくためには、DOVトークンの使用を推奨し、養子縁組と実用性が高まるにつれて最終的に顧客に価値を提供します。 DOVトークンは、DOVUプラットフォーム全体で使用される唯一の価値単位です。プラットフォーム上のあらゆる購入、販売、交換、または他の取引では、DOVトークンの使用が必要となります。

DOVトークンの数は厳密に制限されます。有限量の12億のトークンが発行され、そのうち3億がトークンの販売に利用可能です。

whitepaperから

1. DOVUのビジョン
グローバルビジョン
DOVUは、モビリティエコシステムの暗号モデルを形成しています。 DOVトークンは、モビリティ関連の分散アプリケーション(dApps)の開発を加速するためのトランスポートに焦点を当てたプロトコルを導入し、輸送部門で新しいビジネスモデルを強化します。
移動性の不確かさと居場所の制限
流体の移動性は、市場の不安定さや制限によって負担をかける。実際には、サービスプロバイダーとのデータ共有やEVから送電網への送電など、個人が価値を生み出すための報酬の仕組みはありません。本質的に、これは重要な井戸が未開拓であり、不必要に革新のプロセスを遅らせることを意味します。現状では、自家用車の世界に直面しています。ここでは、保険のために書類作成を行い、1時間単位で料金を支払う必要があり、自分の運転データを管理しません。ありがたいことに、ブロックチェーンは、これらの問題を解決するために非常に適しています。

モビリティ取引を可能にする
 
DOVトークンは、次世代の輸送のためのデジタル経済を作り出します。金銭的価値を処理するすべてのモビリティ関連アプリケーションは、ブロックチェーンベースの通貨では機能しません。 DOVトークンを使用すると、信頼(スマート契約)、融通性(マイクロペイメント)、セキュリティ(承認)などのベネットがロック解除されます。車両の使用は進化し、所有権の新たな機会をもたらすでしょう。初期認証、組み込み保険、バリューベース価格設定で、毎日または分レートでの自由なリースを想像してください。または、あなたのデータを共有し、無料/割引の燃料またはサービスを報いることによって、燃料/充電コストを解消することができます。ライドシェアリングとカープールは突然収入創出のチャンスとなります。契約条件に同意し合意され、取引のポイントから法的に強制され、管理用紙の作業の必要性が減り、資産の利用が最適化されます。それほど遠くない未来において、自律車は自らを運転するだけでなく、自分自身を払うこともできます。乗客が車に入ると、乗り物はその旅行に関連する費用を計算し、それに応じて価値に基づく価格を決定する。保険契約は実際の活動に基づいて可能であり、支払いは目に見えず瞬時に行われます。
漸進的なビジネスモデルの強化
モビリティをサービスのアナロジーと見なして、ブロックチェーン地方分権を可能にします。 DOVトークンは、乗り物、貨物スペース、または車両そのものの使用を販売することによって、車両所有者が資産を収益化できるようにします。ブロックチェーンには、車両の使用状況や車両所有者、運転手、乗客に関する情報を格納できます。この情報は、2つの関係者間の契約書を検証するのに役立ち、金融機関の介在なしにサービスの支払いを管理することで、取引の割増しを節約することができます。システムはまた、ドアの遠隔ロック/ロック解除およびエンジン始動/停止のための車両機能への接続性を提供し得る。私は、実際には、モビリティにおけるほとんどのビジネスモデルを分散させることができます。

2017/10/03 17:00 utc 販売開始。
www.heyyuta.com
www.heyyuta.com