へい、ゆーた

AIと仮想通貨でスマートな時代を‼ [ビットコイン図鑑]更新中!Twitter @yuta2581028

リフレッシュも大事‼「安らぎを感じるための脳の使い方」

毎日毎日、強迫性障害克服のための特訓!

っていうのもなかなか疲れてきますよね。

それがストレスになり、さらに自分を苦しめる、
そんなこともあると思います。

早く治したい!
でも急いではだめですよね、
それが自分を苦しめることもあります。
出来なかったときに凄く自分を追い込んでしまいます。
確実に一歩一歩で大丈夫です。

やれなかったこと、今まで気にもできなかったこと、


手洗いを今日は1回耐えれた‼

車の洗車でもしようかな?

買い物行こうかな、

家の草取りでもしようかな、

ちょっと散歩でもしようかな、

普段やれなかったことがやれるようになったということは、確実に良くなっているのです。

そんな疲れた時にはリフレッシュも大切、

普段脳をフル回転させて、全神経を研ぎ澄ませていたらとても疲れますよね?

確かに人間にとって不安は大事、

でもたまには不安をとって安心をしたい。

強迫性障害の方は、不安を不安に繋いでしまう。

不安があれば、手洗いなどの儀式で不安を解消してしまう。

今回紹介するのは、
脳のメカニズム、
儀式ではなくて、違う方法で不安を解消してあげましょう。

僕も脳って単純なんだって思いました。

嫌なことも慣れる、

忘れる。

いがいと単純なのです。

「不安」と「恐怖」の違いとは?

「不安」を感じる脳のメカニズム 

大丈夫、気にならない、

1度脳がそうなれば全然気にならないですよね?

脳に「安心、大丈夫なんだ」と感じさせるための「脳の取扱説明書」と「実践ワーク」のセミナーになります。

強迫行為での、不安解消、リフレッシュではなく、元々の自分、自然なリフレッシュ方法を教えてもらいましょう。

是非参加してみてください。

「不安」を解消する脳トレーニング(脳科学理論と実践ワーク集):安心感を感じる脳の使い方、不安解消法

強いストレス環境が長く続き、やがてそれが常態化して、不安気質(人見知り、分離不安、特定の恐怖症、全般性不安障害社会不安障害、社交不安障害、パニック障害強迫性障害)のレベルにまでなってしまっているかもしれません。

そういう悩みをお持ちの方に、役立てて頂きたいと思いこの講座を開いております。

講座名: 不安を解消するための脳トレーニング (理論と実践ワーク)