へい、ゆーた

AIと仮想通貨でスマートな時代を‼ [ビットコイン図鑑]更新中!Twitter @yuta2581028

強迫性障害を理解してあげましょう

まずは強迫性障害を理解してあげましょう。
周りの誰か1人でも理解してくれる人がいるだけでも救われるはずです。

僕もまだまだなので、日々勉強です!

この病気は、理解すればするほど、とても辛い病気です。

強迫性障害の症状は、とても沢山の症状があります。

ざっくりですが、
不潔恐怖症、目には見えない。汚れている気がする、常に掃除、手洗い。
どれだけ拭いても汚れが取れた気がしない。
どれだけ手を洗っても汚れが取れた気がしない。

神社や寺など、お祈りをしたりする場所などで、不謹慎なことを想像してしまい、それが現実になるんじゃないか?何回も謝り、言い直しその場から離れられない。

この薬品、化粧品など、タバコ、ホルムアルデヒドアスベストなど、私に付着しているかもしれない、だから自分は汚染されている。
綺麗に洗わなければ、服や鞄などは洗ってもとれている気がしないので捨てよう。

子供ができ、お母さんになった事がきっかけでこの病気になる方も多いみたいで、
「子供を守ろう」がこの病気のきっかけになることが多いみたいです。
子供が舐めたら嫌だから拭く、これも汚れているかもしれないから拭く。
この薬品には危険な物質が入っているかもしれないから捨てる。
でも前に使ったことがあるから、その時に自分が触れたものは、この物質に感染されているかもしれないから拭くもしくは捨てる。
このようにどんどんこの病気は強くなり、自分では止められなくなってしまいます。

強迫性障害というものは、自分には関係ないとか理解できない、はじめはそうだと思います。
でも気づいていないだけで、いがいと自分にもあるかも?なくはない。ということもあります。

高いところが嫌い、高所恐怖症というものも強迫の一種ですね!
落ちそうな気がする、もし橋がおれたら、大丈夫なはずなのに、変な考えが浮かんで何か恐怖を感じる。

子供の頃は昆虫大好き!
でも今は昆虫全部だめ。なんか知らないけど気持ち悪い、恐い。これも強迫みたいなものなのではないでしょうか?

なんか外を歩くと皆から見られている気がする、緊張する、恥ずかしい、人前に出たくない。
これは強迫とは少し違うとは思いますが、何か似ているところがあると思いませんか?

僕が何を言いたいかというと、無いものを探す。
これが自分を苦しめているのです。
「無いものは無い。」
「無いものを探すのは不可能。」
「有るものはある。」
「有るものを探すのは可能。」

現実に起きないから、いつか来る気がしているだけ。
見られていないものは見られていない。
無いものを拭く事はできない。

不安な状態をいかに続けられるか、これが強迫性障害の完治への第一歩なのです。

yu-ta